インフルエンザは風邪とは違

インフルエンザは風邪とは違うものという説があります。症状は1日から5日あたりの潜伏期間後、短時間で高熱に達し、それ症状が3日から7日続きます。

種類によって、筋肉や関節の痛み、腹痛や下痢等症状に小さな相違が見られます。

時として、肺炎を併発したり、加えて脳炎や心不全を起こす事もあり、油断できない感染症です。

この前、インフルエンザになって病院を受診しました。

何日くらい潜伏期間があるものなのか分かっているわけではないのですが、いつかインフルエンザにかかっている人と接触してうつったのだろうと考えています。

3日間にわたって高熱が続いて辛い思いをしました。インフルエンザは高い熱が出続けるので、普段ひく風邪より苦しい思いをしますね。どんな乳酸菌を選べばいいかと言えば、まずは、気になった乳酸菌を含む商品を試用してみるのがオススメです。

最近は、おいしい乳酸菌飲料もありますし、乳酸菌サプリとも販売されています。おすすめの腸まで届く効き目の乳酸菌飲料を初めて試してみたとき、次の日、トイレから出られなくなったので、試すのは休日の前がおすすめです。。

オリゴ糖は乳酸菌を増やす役割として関心を持たれています。オリゴ糖を投与された乳酸菌の働きが強くなり、腸内の悪玉菌の増加量を減少させ、内臓環境を整調してくれます。

ですので、乳酸菌とオリゴ糖はいずれも腸の機能改善や健康増進には欠かしてはならない重要な成分であるといえます。乳酸菌と言って考えられるのはカルピスと言えるでしょう。

子供のころから、毎日飲用していました。
その理由は乳酸菌が入っているからです。母親が毎朝、私に飲ませてくれました。そのわけで、私は便秘の経験がありません。きっと、カルピスを飲み続けていたので大変健康になりました。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ