FXで取引をやっていると、ついつ

FXで取引をやっていると、ついつい欲が出てしまって、高いレバレッジをかけての取引を行ってしまいがちです。

そうなると、最悪の場合には証拠金が足りなくなり、もう二度と相場に戻れなくなってしまいます。そんなことにならないためにも、FXに慣れ親しむまでの間は、2〜3倍くらいのローリスクで取引を行っておく方が安心です。FXのキャピタルゲイン、インカムゲインとは、キャピタルゲインは為替差益、インカムゲインとはスワップポイントのことを指します。
為替差益は為替レートの変動によって生じた利益です。
また、スワップポイントとは銀行にお金を預けた時にもらえる金利にあたるもものです。
でも、スワップポイントはお金を出しても利益になるとは言えません。

投資にいつも付きまとうリスクとして追証といわれるものがあります。

当然、FXでも避けられないことです。

あまりにも利益を求めようとしすぎてあるだけの資金でまわそうとすると、証拠金の維持率が下回ってしまうことも、割とあるのです。そうなってしまえば、取引が思い通りにいかなくなるため、余裕を持った資金で行うことが儲けに繋がるのです。

FXをやり出してからは、一日に何べんも為替の相場を目を通すようになりました。株式市場とは同様でなく、一定期間だけでなく、昼夜を問わず世界中で取引が行われているので、注意を向け始めたら終わりが見えませんが、常に動きを確認しています。

株式を売り、利益が出た時の税金は申告分離課税が原則ではありますが、証券会社で開いた特定口座での取引の際は本人の代理で、その度に20%の税金を源泉徴収してもらえます。確定申告による手間が省ける手軽な仕組みですが、損失繰越などをする場合は確定申告をしなければなりません。
FXには、様々な専門用語があります。指値とか逆指値というような言葉は、FXに限らず、株でも使います。指値注文は成行注文と比べてみて、計画的に取引が可能という便利さがある反面、売り買いの取引が成立しづらいというデメリットが存在します。

逆指値注文でしたら上手に使うと、損切りが迅速に行えます。

信用取引とは現物株や現金を担保として資金以上の取引、空売りができることが大きい特徴です。特に空売りは下落相場の場合に大きい力を発揮し、上手に利用することで相場が上がっても下がっても稼げる武器となるのです。ただし、資金以上の取引は借金と同じなので、初心者の場合は資金管理を慎重にすることが大事です。

FX投資をやり始める方は、わずかでも良いので始める前に専門的な言葉を確認しておくのがよいでしょう。専門用語に無知であると取引が迅速にできないことがありますから、暇な時間にでも勉強しておいた方が良いです。しいて言えば、レジスタントラインやサポートライン、リミットオーダーなどの頻繁に使用される言葉の意味は理解はきちんとしておいてください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ