FX投資に限らないのですが投資の世界においては、大変重

FX投資に限らないのですが投資の世界においては、大変重要になってくるのが損切りという手法です。

投資というのはその性質上、損をすることが全くない、などということはある訳がないのです。損は出るものとしていかにそれを小さく抑えるかは投資の世界で長くやっていけるかどうかというところにおいて大切なポイントとなるはずです。

被る損失を大きくしないように、どこで損切りするのか決めておき、作ったそれはとても大切な命綱ですから一貫して守るべきです。

自分の投資スタイルを持っていて、現在の仕事と大差ない利益を上げられるという自負があり、不安を感じなくてもいいほどの貯金を持っているなら本業としてFX取引をしてもいいでしょう。

ですが、一旦仕事を辞めると次の仕事を見つけるのは、かなり難しくなることだけは承知しておいてくださいね。

本屋に出掛けるとFXに関連するものが多くあり、その中にはFX投資成功者の方が出版する本もあります。
数千円ほどで購入できるので、こうした本を数冊手に入れて、あなたなりの運用ルールを作成してみてください。
運用ルールを学習していく際には、ビギナー用ではなく、中、上級者が読んでいそうな本を選ぶことがポイントとなります。株式投資には多様な手段がありますが、その手段の一つがスキャルピングです。

株の購入から売却までをも、スキャルピングは、極めて短時間の数秒から数十秒の間に済ませてしまう投資のやり方です。
スキャルピングの良い点は、極めて短い株の保有期間に限定することで、株価下落のリスクを最小限にすることができるということにあります。
FXはレートが上がることにより利益となって、一方、レートが下がれば損失です。
なので、単純に考えるとFXでの勝率は二分の一です。しかし、実際に勝てる確率はどうかというと、5〜10パーセント程度といわれています。勝率が低い原因として、レートが変わらない状態も発生し得るからです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ