転職の活動は今の仕事をこなしながら行い

転職の活動は今の仕事をこなしながら行い、転職する先が決まってから辞めるのが理想です。
退職後の方が時間が自由になりますし、すぐにでも働き始めることができますが、転職先がすぐには決まらないということも考えられます。

無職の期間が半年以上になると就職先が見つけにくくなりますから勢いで現在の仕事を辞めるのはよくありません。
時と場合によっては、転職に失敗することもあるでしょう。
転職する前よりもやりたくない仕事だったり、年収が思った以上に上がらなかったり、新しい会社になじめなかったりすることもあります。

ですから、転職を上手に乗り切るためには、調査を入念に行う事が重要です。
さらに、自分を売り込む事も必要なのです。

焦る事なくがんばるようにしてください。

どのような転職の理由が望ましいかというと、まずは転職理由の本音のところを自問自答してみてください。

そのままを相手に伝えるということではないため、正直に考えたことをノートに書き出しましょう。そして、それを前向きな印象になるように文章をリライトしてください。

転職理由が長文になると自己弁護っぽく聞こえてしまうので、なるべく簡潔になるようにしましょう。今までとは別の業種を目指すときには、ちょうどよく転職できる企業を見つけられないことがよくあります。

若い内の転職希望であれば採用時に経験の有無が問われないなどと小耳にはさむこともありますが、30代後半にもなるとほぼ不可能と言っていいでしょう。

まあ、人手をいつも欲しているような業種に目星をつけているのであれば特に労働条件への拘りなどなければ異業種への転職も不可能ではないでしょう。転職するにあたって求められる資格というのは、専門職の他は少ないようですが、取得した資格が有利に働くということでは、何と言っても、国家資格が重視されるようです。特に、建築業界や土木業界では建築士の資格のように「業界独占資格」と言及されるその資格を取得していないと現場の業務を行えないという仕事がたくさんあるので、案外簡単に転職に成功するかもしれません。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ